アトピー性皮膚炎について

 

みなさんは、アトピー性皮膚炎について、どれくらいの事を知っていますか?

 

幼少期に、アトピーで苦労している人は、たぶん大勢いることでしょう。

 

アトピー性皮膚炎は、非常に大きな問題になっていて、親子共々この問題に悩まされている家庭は、とても多いのです。

 

そもそも、アトピー性皮膚炎とは、どういったものなのでしょうか。

 

簡単に言えば、湿疹の一種です。

 

先天性の過敏症とされていて、主にアレルギー反応との関連があると言われているのです。

 

ただ、完全に原因や治療法が確立されているわけではなくて、まだ研究の余地が、多分にある病気の一種と言われているのです。

 

その為にアトピーの治療をどうやって行えば良いかという悩みを持つ家庭が、少なくないのです。

 

アトピーという言葉の由来は「アトポス」というギリシャ語からきているのです。

 

意味は「不特定の場所」になっていて、実際アトピーは、いろいろな身体の部位に発生する湿疹で、そこから取られています。

 

このアトピーという言葉は、元々複数のアレルギー疾患に対して使用されていて、鼻炎や気管支喘息という疾患に関しても、あてはまります。

 

しかし、日本においては、アトピー性皮膚炎のみを指す言葉として、定着しているのです。

 

アトピーの大きな特徴は、幼少期に発生する確率が、非常に高い点なのです。

 

患者の実に、8割が5歳未満という統計があって、小学生に上がる前までに、発症する場合がほとんどなのです。

 

通常は、幼少期に免疫力が整って、自然治癒するものと言われています。

 

しかし、近年では成人になるまで治癒しない場合が増えていて、アトピーの治療方法の見直しも、検討されているのです。