NISAの確定申告の手順とメリットは?口座開設の方法

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回変更することができるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合は売却もしくは、確定申告して課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、iDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

これは預金と比較してどうかということではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。確定申告の方法についても詳しく教えてくれるかもしれません。

参照:http://www.kabuho.net/kakuteishinkoku-huyou.html

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という非課税期間の期限の確定申告があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長5年という条件があり、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

その場合の確定申告は必要なのでしょうか?バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株式取引をメインに考えてみますと、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。