白髪の仕組みとは?

髪の寿命は一般的に男性で約5年、女性で約7年といわれています。
寿命を迎えた髪が白髪になるわけではなく、寿命を迎えた髪は抜け落ちていきます。
白髪が生えると老化したというイメージがありますが、白髪と老化はまったく関連性がありません。
元々、髪の毛は白髪であり髪の毛が黒いのは、色素細胞がメラニンをつくり、それで黒くなります。
メラニンを作る力がなくなると白髪になってきます。
白髪はメラニンをつくる能力が次第に衰えて色素が消失したものですが、身体の機能までが老化しているということではありません。
白髪が発生について、いくつかポイントを挙げていきます。
●メラニンと白髪の因果関係黒髪の色素(メラニン色素)を作る「色素幹細胞」がDNAの損傷を修復できずに「自己複製」しないで、すべて「分化(=それぞれの細胞が役割に見合う機能を身につけていくこと)」することがわかりました。
その結果、色素幹細胞が枯渇して色素を作る細胞がなくなり、白髪になる。
これが現在解明された理由です。
黒髪の間は色素細胞がメラニンを生成し続け、色素細胞は複製されるので黒髪は持続しますが、白髪は色素幹細胞が紫外線などの影響でDNAが損傷を受け、修復できなくなると色素細胞になります。
色素細胞は、毛髪の成長期にはメラニンを生成し続けますが色素幹細胞を複製できないので徐々に減少します。
結果色素細胞を精製できないので白髪が増えるということになります。
●色素幹細胞のDNAの損傷を食い止める紫外線は幹細胞に悪影響を与え、DNAを損傷させる原因だと考えられています。
頭皮は人体の皮膚でもっとも厚い部分で、色素幹細胞がある毛嚢(もうのう)を、紫外線などから守るためだと考えられています。
色素幹細胞のDNAの損傷を食い止めることが白髪予防につながるかもしれません。
例えば皮膚用のUV製品を使用して予防する(使用した際はいつもより丁寧にシャンプーする)帽子や日傘などで紫外線を予防する。
紫外線の強い時間帯の外出を避けるなど。
●強いストレスは白髪を増やす??強い精神的ショックや、強いストレスによって白髪になる場合もあります。
急激な血行の悪化で身体全体にそれが及び、そして頭皮の血行にも影響して毛根や色素細胞の働きを阻害してしまい、白髪や円形脱毛症といった症状になることもあります。
ストレスが溜まっている時の身体の状態は、身体が緊張状態にあり毛細血管は収縮し血行が非常に悪い状態です。
この毛細血管が収縮して血行が悪くなると、身体にはさまざまな機能障害が生じ健康はたちまち損なわれます。
ストレスの原因が職場環境や日常生活にあれば、何か自分にとって楽しいことに没頭してストレスを解消しましょう。
白髪の改善にストレスを解消することも大切ですが、身体の機能回復のためにも大切になります。
ルプルプ返金できる?保証内容紹介中!【お試しできるの?】